効果的なバストアップは体重のコントロールが何より大切

エストロゲンの分泌がバストアップに大きく関わります。最初にバストを構成している2つの主なものである脂肪と乳腺について触れましたが、バストアップにはこの乳腺の発達が必要です。

バストを構成している9割の脂肪は実は乳腺の周りにつきやすくなっています。つまりは乳腺が発達していないと、バストの周りの脂肪も増えずバストアップもしないと言うわけですね。

そこで乳腺の発達に直接的に作用するのが、女性ホルモンの中の女性らしさを作るエストロゲンであり、バストアップのためにエストロゲンの分泌は必要不可欠となっています。

一度太ってからエストロゲンをキープしてのダイエットは理にかなっている

乳腺を発達させるためには女性ホルモン・エストロゲンの分泌が必要、女性ホルモンを正常に分泌させるためには体の中の脂肪(体脂肪)が必要ということは、体内の脂肪分を増やせばエストロゲンの分泌量は増えるということなりますね。

つまりは「太る」ということはバストアップに繋がるということです。有名人の中にも実は一度太ってから痩せてバストをキープされた方がいらっしゃいますね。

現在はテレビなどからも姿を消してしまったグラビアアイドル・ほしのあきさんのバストはデビュー当時Bカップ、それを1ヶ月でFカップまで成長させています。その時にほしのあきさんが取った方法はまさに「太って痩せる」方法で、10kg太って10kg痩せるというものでした。

ただし筋トレや栄養バランスなど、バストを落とさず痩せるのは難しい

「一度太ってからバストを残して痩せる」という方法は口で言えば簡単そうですが、実はとても難しいことです。
ダイエットをすると「胸から痩せる」とよく言われますが、その通りで体の中の脂肪は落ちる順番が決まっています。

気になるお腹や腰の脂肪が落ちるのは実はバストの後なので、ダイエットも長期戦になりそうですね。そして、せっかく太って大きくなったバストを落とさないためには、バストアップの筋トレを取り入れたり、食事もたんぱく質を多く含むものをバランスよく摂ったりと気をつけることが沢山あります。

さらにはダイエットにつきもののストレスも大敵です。精神のバランスが崩れると体のバランスも崩れてしまいせっかく脂肪量が増えて分泌が多くなった女性ホルモンの分泌量も以前に戻ったり、減ってしまったりする恐れもあります。

自分の体にとってバストのような柔らかい良い脂肪をつけるためには、女性ホルモンの分泌を促進しながらバランスの良い体作りをしてくことが重要です。

最後にもう1つ、実はバストアップには「恋をすること」が有効な場合もあるようです。恋をすると、脳の働きで女性ホルモンの働きが活発になりますし、相手に振り向いてもらうためにダイエットも始めたりすることもあるでしょう。

女性ホルモンの働きが活発になると乳腺も発達しますし、毎日ドキドキして気分が高揚するとダイエットのストレス感じにくくなり、バストだけ残して痩せるというモチベーションも高くなりそうですね。

太らずに胸だけを効果的に大きくする|そんな都合のいいことは可能?

バストを構成しているのは9割の脂肪と1割の乳腺。ということは、脂肪をつける=太ることでバストアップするのでは?という説があります。確かに体重、主に脂肪分が増えるとバストもある程度は大きくなりますが、バストについた脂肪はまた再度ダイエットをすると落ちてしまいますのですぐに元のバストの大きさに戻ってしまうでしょう。

また、近年では痩せ型の女性も増えており特に体脂肪率を気にする方も多くなっています。
しかしながらバストの9割を占める脂肪の原材料になる体脂肪は、減らしすぎるとバストアップしにくい体になってしまうのです。

一般的に女性の体の働きを安定させるために必要な体脂肪率は20%以上。でも体脂肪率が上がりすぎると、肥満などの別の病気の心配が必要になってしまいます。一般の成人女性の標準の体脂肪率は20~25%と言われていますので、女性らしい体とスリムなスタイル、そして健康を維持するには20%前後の体脂肪は必要ということになりますね。

バストアップをするためには女性らしい体を作るための体内のバランスを整えることが重要です。
痩せすぎて体脂肪率が低すぎてもダメですし、太りすぎは健康を損なう恐れがあります。

太りすぎずにバストアップするためには何に気をつければ良いのか、体脂肪が20%以上ある方が太らずにバストアップするためには何がカギになるのか、詳しくみていきましょう。

太らずにバストアップするには女性ホルモン(エストロゲン)がカギ

美しくハリのあるバストは女性の象徴。女性が女性らしくあるために体の中で影響を与えているのが「女性ホルモン」の分泌です。

「痩せすぎたら生理が止まってしまった」という経験がある方もいらっしゃいますが、これは先に触れた体脂肪が低すぎることによる女性ホルモンの分泌異常の症状。月経異常が起こってしまう体脂肪率には個人差がありますので、自分の体にとって適正な体脂肪率を知っておきましょう。

また、女性の陸上競技選手、アスリートなどを見ると、バストの大きい選手はほとんどいません。
競技のために体脂肪を極端に落としているのでバストの脂肪も落ち、体脂肪の低さからバストを大きくする女性ホルモンの分泌が少なくなっている結果です。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステインの2つの種類のホルモンがあります。
特に女性らしさを作るために重要なのはエストロゲンで、別名「美のホルモン」とも言われていますね。エストロゲンには脂肪を代謝させる作用や悪玉コレステロールを減らす作用もあります。

エストロゲンが不足してしまうと、代謝が落ちたりまた気分も落ち込みやすくなってしまうなど女性の体に悪影響が出てしまいますが、過剰に分泌させたからといってその分代謝がよくなるというわけではありませんので、エストロゲンを体の中でバランスよく分泌させるようにしなければなりません。

ヒアルロン酸の肌やバストへの効果とは?おすすめのサプリも

ヒアルロン酸は肌に1gあると6000mlもの水分を保有することができると言われています。そのため多くの化粧水や肌に効果のあるサプリメント等には多く使われています。

美肌の維持や日々のスキンケアにはヒアルロン酸が必須です。

年齢と供にヒアルロン酸は減少していきます。ヒアルロン酸は肌のハリ・ツヤ弾力を維持
するために必要です。加齢と供に肌に弾力が無くなってくるのはヒアルロン酸の減少が
原因の一つです。また、ヒアルロン酸は分子が大きいので肌に直接塗っても効果が薄いと言われています。分子が大きいため、肌に浸透しにくく肌の外側の角質層にその多くが溜まってしまい肌の内側までは浸透しにくいのです。

では、浸透しにくいのに化粧水等にヒアルロン酸が含まれているのかと言うと
ヒアルロン酸を肌につける事で角質層に留まる働きを利用し、肌の水分を維持してくれる
働きがあります。内側までは届かないけど、ヒアルロン酸は肌に塗ることで保湿効果が
期待できます。

肌以外へのヒアルロン酸の効果とは

肌に良いとされているヒアルロン酸ですが、肌以外にも効果があります。

ヒアルロン酸を体内に摂取する事でも様々な効果が期待できます。
そのメカニズムは、ヒアルロン酸には細胞同士の活動の潤滑剤の役割を果たし、
細胞の活動に必要な成分でもあります。

ヒアルロン酸を摂取することでホルモンバランスの維持や自律神経の働きにも関わってきます。女性の生理や更年期障害にも効果があり、女性ホルモンが正常だと規則的な生理のリズムになり、生理痛の緩和にもなります。
その他では体の関節の動きにも大きく働きます。
関節にはヒアルロン酸が多く含まれ、こちらも加齢と供に減少していくので、
膝の痛み等の関節痛の原因になります。

関節痛に効果が期待される健康食品等にも多くヒアルロン酸が使用されています。
痛む箇所にヒアルロン酸を注射する事で痛みを軽減する方法等もあります。

美容整形でも多く使われていて、主に顔の鼻や顎にヒアルロン酸を注射する事で
顔のバランスを整えたり、ボリュームを出したりするために使用されています。

エラスチン配合サプリの特長や人気商品について

肌のトラブルにおすすめなのがエラスチンが配合されたサプリ。
ヒアルロン酸も含まれており、健康的で美肌作りにかかせない、エラスチンとコラーゲン
が含まれたサプリメントです。エラスチンとコラーゲンは非常に相性が良く、単体のコラーゲンは固く吸収されにくのです。エラスチンと供に摂取する事で吸収が高まり、肌のハリ・ツヤ・弾力を整えます。ヒアルロン酸の効果とエラスチンとコラーゲンの働きにより健康的な肌に改善、維持することができます。

サプリの情報を詳しく調べるには専門サイトを見るのが一番です。以下はサプリメントアドバイザーの方が作っているサイトでいろいろ役立つ情報が載っていますよ。

■参照:http://xn--labo-9m4cla9t9b7e1463c3b6c.com

最後に上記の成分が含まれるサプリを紹介したいと思います。

【真層美人エラスチンナイト】
リピート率99%と言われる人気のサプリです。

主な成分は先程紹介したエラスチン・コラーゲン・ヒアルロン酸をはじめ、
美容効果の高い成分が配合されています。
特徴的な成分は「コラーゲンペプチド」
コラーゲンペプチドにはコラーゲンやヒアルロン酸の働きを高める効果があります。
細胞を活性化させてくれます。
「プロテオグリカン」
グルコサミンやコンドロイチンの働きを支える役割があり、軟骨の弾力の維持に効果があります。抽出するのが困難で貴重な成分です。

「桜の花エキス」
加齢によるコラーゲンの減少を抑え生成する力を高めてくれます。
最近注目の成分で加工が難しく貴重な成分になっています。

肌トラブルでお悩みの人は是非参考にしてみてください。

バストの盛り方について|いろんな方法で胸はつくれる

日ごろは洋服の下に隠れているバストですが、薄着の季節になったり、水着やパーティーで体のラインの出るドレスを着るときには目立ってしまうもの。特に胸が小さい女性は楽しいはずの水着やドレス選びもコンプレックスになってしまうかもしれません。
そんな女性の悩みを解決すべく最近ではヌーブラやパッド、医療用のテープを使ってバストは「盛る」ことができるようになっていますので要チェックです。

ただし間違った盛り方をしてしまうと不自然になってしまい、持っていることがバレてしまって「偽乳」と言われてしまうこともありますね。そうならないためにまずは日ごろから正しくブラジャーを着けることが大事になってきます。
ブラジャーは自分のバストのサイズにあったものを着けることはもちろんですが、着け方も大事。ブラジャーの補正効果でバストの形が整い、バストアップすることもできます。ブラジャーの着け方は下着売り場などで専門家であるフィッターさんにしっかり習うようにすることが大事です。
最近では大手下着メーカーのワコールやトリンプなども発売している3/4カップブラは正しく着けることで脇から胸を寄せてくれる効果があり、憧れの谷間ができるということでも評判ですね。
ブラジャーを正しく着けられるようになったら、次は下着の下に着けて盛るヌーブラやパッド、そして医療用テープでの盛り方にもチャレンジしてみましょう。それぞれ注意点がありますので順番に確認していきます。

ヌーブラで盛る時の注意点

ヌーブラはAカップ、AAカップの方でも憧れの胸の谷間が手に入る魔法のアイテム。でもその魔法も正しい方法でヌーブラを使わないと上手くいきませんし、ヌーブラを使いすぎると胸が垂れてしまうという話も聞きます。
ヌーブラはシリコンでできていて胸のカップ部分のみを着用するようになっていますね。ヌーブラは肌に密着しますのでその着け心地の虜になって普通の下着を着けられなくなる女性もいるようです。

しかしながらヌーブラには注意点があります。肌に密着するようにして着けるヌーブラには普通のブラジャーのように肩紐やバストを支えるワイヤーがありません。つまりは胸のカップだけを着けているということは、支えが無い状態でノーブラと同じことになるのと同時に地球には重力がありますので、ヌーブラの重みが下にかかってしまっていることになります。結果ヌーブラを着けすぎると胸が下に垂れてしまう結果を招いてしまうのです。
ヌーブラは胸の谷間作りには絶大な効果を発揮しますが着けすぎは禁物。そしてもし着ける場合は日ごろのサイズより少し大きめのブラジャーと一緒にヌーブラを着用して胸全体を支えるようにしたほうが良いでしょう。
またヌーブラをつけた日にはバストが垂れることを防ぐためにバストのマッサージを念入りにやったり、夜はバストケア用のブラジャーを着用して寝るようにすれば安心ですね。

パッドで盛る時の注意点

昔からあるのが胸にパッドを入れて盛る方法です。3/4カップブラのように最近ではブラジャーに付いているパッドも優秀になってきておりバストの盛りに効果を発揮していますね。
下着に仕込む追加のパッドも多種多様になっており、従来の布製に加えてプルプルとした質感が特徴のシリコン製のパッドも発売されています。
パッドで盛った場合によく聞くのは「パッドがずれて胸が変な形になった!」「パッドが落ちちゃった」などといったトラブルです。人気アニメのクレヨンしんちゃんでもしんちゃんのママのみさえが水着の下にパッドを入れていることがバレて恥をかくというシーンもありましたね。
女性のバストはやはり注目されてしまうもの。パッドがずれたり取れたりするトラブルを避けるためには自分のバストサイズを正しく把握して、ブラジャーでしっかり固定できるパッドを選びましょう。また不自然に盛りすぎないこと、正しくブラジャーを着けることも大事ですね。

医療用テープで盛る荒業も

最後にご紹介するバストを「盛る」方法は、グラビアアイドルの水着撮影などでも使われている医療用テープでバストを盛るというもの。テープは直接バストに貼って固定しますので、特に長時間テープを貼ったままにされる場合は事前にテープを貼ることで肌にかぶれなどがでないかどうか確認するようにしてくださいね。
医療用テープはドラッグストアや通信販売でも手軽に入り、ヌーブラやパッドよりも安価なことが特徴です。汗をかいたり水着で海やプールに入る場合もありますので、必ず防水タイプを選ぶようにしましょう。

具体的な貼り方は、まずは谷間を作るためにバストを真ん中に寄せるところから。真ん中に寄せたバストをさらに上に持ち上げて、医療用テープでその状態を固定していきます。テープは剥離紙のタイプになっているものが多いので事前に胸の左右の長さ分より少し余裕を持った長さ分をカットしておいたほうがスムーズに「盛り」の工程が進められますね。
最後にアイシャドウなどを使って胸の谷間に影をつければさらに自然でリアルなバストが完成するでしょう。
胸に自信のない方でも盛り方の注意点やコツを覚えれば、自信の持てる大きなバストに変身できます。百聞は一見にしかずといいますので、ぜひバストを「盛る」ことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

バストの大きさって遺伝するの?どうにかなる部分とならない部分について

親子で街を歩いて知り合いに出会うと「やっぱり親子はそっくり」、「目の形が似ているね」などと言われることがありますね。親から子供へ形質が伝わる現象を「遺伝」といい、特に顔の目鼻立ちや体の一部、歯並びなどで意識する場面も多いです。

中学生のときに理科の教科書でエンドウマメを使った遺伝子実験を繰り返しおこない、遺伝学の基礎となった「メンデルの法則」で習った記憶があるかたもいるでしょう。
生命は精子と卵子が受精して受精卵になり、細胞分裂を繰り返しやがて誕生します。精子には父親の遺伝子、卵子には母親の遺伝子が入っていてそれぞれから半分づつ受け継がれます。
また遺伝の仕組みは単純に全ての親の形質が子供に伝わるわけではないのが不思議なところ。伝わりにくい形質があったり、また親から子供ではなく、親の親つまりは祖父母などから世代を超えて現れる形質もあり研究が進められていますね。

優性遺伝と劣性遺伝のちがいについて

子供の容姿が父親母親のどちらかに似るにはそれぞれの持った遺伝子の働きの強弱が関わっています。子供に現れる形質に強く働く遺伝子を優性遺伝子、働きが現れない遺伝子を劣性遺伝子と言い、例えば母親のまぶたが二重で二重の遺伝子を持っていて、父親が一重で一重の遺伝子を持っている場合、子供はどちらのまぶたになるでしょうか。

遺伝子の働きの強いほうが現れてくるので、子供は二重まぶたになります。ここでのポイントは「優勢」と「劣勢」という言葉で、これは遺伝子が「優れている」、「劣っている」という意味ではなく、あくまで形質の現れやすさ、働きの強さであることは覚えておきましょう。
まぶたの遺伝子の優勢劣勢の他にも、例えば血液型にも優勢遺伝と劣勢遺伝がありA、B型は優勢遺伝子、O型はA、B型に対して劣勢ですし、目の色も黒が優勢、青が劣勢など様々に法則がありますね。

突然変異とは

親から子供に受け継がれる体の特徴、外見ですが、稀に「突然変異」が起こることがあります。身近な例で言うと、テレビのニュースなどで取り上げられる白い孔雀やキリンなど、他の固体と違った姿形に突然変化していますね。
突然変異が起こるのは1遺伝子当たり10万分の1~100万分の1の確率ととても低いです。原因としては遺伝子がコピーされるときのエラーや一部の化学物質や放射線の影響など原因は様々。
人や動物のの突然変異でよく聞かれるのが「アルビノ」と呼ばれる先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患があり、肌の色・髪の毛・目の色もすべてが真っ白になってしまう「先天性白皮症」です。人にも2万人に1人の割合で発現すると言われています。

バストは遺伝するもの?バスト以外に遺伝する身体の特長とは

遺伝について解説していきましたが、気になるのはバストの大小に遺伝は関わるのか?というところ。
母親の胸が小さいので自分も小さいという方は、母親から骨格や筋肉の形質を受け継いでいるということもあり、バストの大きい母親を持つ方と比べればベースの部分では違いはでてくることはあるでしょう。
また、バストに関わる遺伝の他の要素としては、身体的な特徴だけでなく体の中のホルモンバランスや性格などもあげられます。例えば太りにくい体質が遺伝すると胸が膨らみにくかったり、神経質な性格でストレスを溜めやすいと体の中のバランスも崩れてしまいバストアップにも影響がでてしまいます。

ただし、バストは努力次第で変われる可能性がある

体の大きさやバストを支える土台である「大胸筋」、また骨格などは遺伝で伝わることはありバストに影響することが分かりました。しかしながら、実はバストそのものの大きさは乳腺の発達や女性ホルモンの分泌にも大きく影響されます。バストの大きさそのものは実は遺伝が関わるのは実は30~40%程度、つまりは100%遺伝ではないということです。
残りの60%のバストの発達に関わること、それは生活習慣や食生活。子どものころは両親とともに生活し、家での習慣ができますね。その生活習慣や食べているものの影響でバストの発達を妨げている可能性があります。

バストの発達には女性ホルモンの分泌が不可欠です。日ごろ意識して食生活で女性ホルモンの分泌を助ける大豆製品などを摂取したりなどバランスの良い食事を心がけたり、また精神面でもストレスを溜めないことがバストアップに繋がっていきます。
「遺伝で胸が小さい」と言われることもありますが、100%ではありません。努力次第でバストアップはどうにかなる部分はありますのでまずは日ごろの生活から見直してみましょう。