バストの盛り方について|いろんな方法で胸はつくれる

日ごろは洋服の下に隠れているバストですが、薄着の季節になったり、水着やパーティーで体のラインの出るドレスを着るときには目立ってしまうもの。特に胸が小さい女性は楽しいはずの水着やドレス選びもコンプレックスになってしまうかもしれません。
そんな女性の悩みを解決すべく最近ではヌーブラやパッド、医療用のテープを使ってバストは「盛る」ことができるようになっていますので要チェックです。

ただし間違った盛り方をしてしまうと不自然になってしまい、持っていることがバレてしまって「偽乳」と言われてしまうこともありますね。そうならないためにまずは日ごろから正しくブラジャーを着けることが大事になってきます。
ブラジャーは自分のバストのサイズにあったものを着けることはもちろんですが、着け方も大事。ブラジャーの補正効果でバストの形が整い、バストアップすることもできます。ブラジャーの着け方は下着売り場などで専門家であるフィッターさんにしっかり習うようにすることが大事です。
最近では大手下着メーカーのワコールやトリンプなども発売している3/4カップブラは正しく着けることで脇から胸を寄せてくれる効果があり、憧れの谷間ができるということでも評判ですね。
ブラジャーを正しく着けられるようになったら、次は下着の下に着けて盛るヌーブラやパッド、そして医療用テープでの盛り方にもチャレンジしてみましょう。それぞれ注意点がありますので順番に確認していきます。

ヌーブラで盛る時の注意点

ヌーブラはAカップ、AAカップの方でも憧れの胸の谷間が手に入る魔法のアイテム。でもその魔法も正しい方法でヌーブラを使わないと上手くいきませんし、ヌーブラを使いすぎると胸が垂れてしまうという話も聞きます。
ヌーブラはシリコンでできていて胸のカップ部分のみを着用するようになっていますね。ヌーブラは肌に密着しますのでその着け心地の虜になって普通の下着を着けられなくなる女性もいるようです。

しかしながらヌーブラには注意点があります。肌に密着するようにして着けるヌーブラには普通のブラジャーのように肩紐やバストを支えるワイヤーがありません。つまりは胸のカップだけを着けているということは、支えが無い状態でノーブラと同じことになるのと同時に地球には重力がありますので、ヌーブラの重みが下にかかってしまっていることになります。結果ヌーブラを着けすぎると胸が下に垂れてしまう結果を招いてしまうのです。
ヌーブラは胸の谷間作りには絶大な効果を発揮しますが着けすぎは禁物。そしてもし着ける場合は日ごろのサイズより少し大きめのブラジャーと一緒にヌーブラを着用して胸全体を支えるようにしたほうが良いでしょう。
またヌーブラをつけた日にはバストが垂れることを防ぐためにバストのマッサージを念入りにやったり、夜はバストケア用のブラジャーを着用して寝るようにすれば安心ですね。

パッドで盛る時の注意点

昔からあるのが胸にパッドを入れて盛る方法です。3/4カップブラのように最近ではブラジャーに付いているパッドも優秀になってきておりバストの盛りに効果を発揮していますね。
下着に仕込む追加のパッドも多種多様になっており、従来の布製に加えてプルプルとした質感が特徴のシリコン製のパッドも発売されています。
パッドで盛った場合によく聞くのは「パッドがずれて胸が変な形になった!」「パッドが落ちちゃった」などといったトラブルです。人気アニメのクレヨンしんちゃんでもしんちゃんのママのみさえが水着の下にパッドを入れていることがバレて恥をかくというシーンもありましたね。
女性のバストはやはり注目されてしまうもの。パッドがずれたり取れたりするトラブルを避けるためには自分のバストサイズを正しく把握して、ブラジャーでしっかり固定できるパッドを選びましょう。また不自然に盛りすぎないこと、正しくブラジャーを着けることも大事ですね。

医療用テープで盛る荒業も

最後にご紹介するバストを「盛る」方法は、グラビアアイドルの水着撮影などでも使われている医療用テープでバストを盛るというもの。テープは直接バストに貼って固定しますので、特に長時間テープを貼ったままにされる場合は事前にテープを貼ることで肌にかぶれなどがでないかどうか確認するようにしてくださいね。
医療用テープはドラッグストアや通信販売でも手軽に入り、ヌーブラやパッドよりも安価なことが特徴です。汗をかいたり水着で海やプールに入る場合もありますので、必ず防水タイプを選ぶようにしましょう。

具体的な貼り方は、まずは谷間を作るためにバストを真ん中に寄せるところから。真ん中に寄せたバストをさらに上に持ち上げて、医療用テープでその状態を固定していきます。テープは剥離紙のタイプになっているものが多いので事前に胸の左右の長さ分より少し余裕を持った長さ分をカットしておいたほうがスムーズに「盛り」の工程が進められますね。
最後にアイシャドウなどを使って胸の谷間に影をつければさらに自然でリアルなバストが完成するでしょう。
胸に自信のない方でも盛り方の注意点やコツを覚えれば、自信の持てる大きなバストに変身できます。百聞は一見にしかずといいますので、ぜひバストを「盛る」ことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です