バストの大きさって遺伝するの?どうにかなる部分とならない部分について

親子で街を歩いて知り合いに出会うと「やっぱり親子はそっくり」、「目の形が似ているね」などと言われることがありますね。親から子供へ形質が伝わる現象を「遺伝」といい、特に顔の目鼻立ちや体の一部、歯並びなどで意識する場面も多いです。

中学生のときに理科の教科書でエンドウマメを使った遺伝子実験を繰り返しおこない、遺伝学の基礎となった「メンデルの法則」で習った記憶があるかたもいるでしょう。
生命は精子と卵子が受精して受精卵になり、細胞分裂を繰り返しやがて誕生します。精子には父親の遺伝子、卵子には母親の遺伝子が入っていてそれぞれから半分づつ受け継がれます。
また遺伝の仕組みは単純に全ての親の形質が子供に伝わるわけではないのが不思議なところ。伝わりにくい形質があったり、また親から子供ではなく、親の親つまりは祖父母などから世代を超えて現れる形質もあり研究が進められていますね。

優性遺伝と劣性遺伝のちがいについて

子供の容姿が父親母親のどちらかに似るにはそれぞれの持った遺伝子の働きの強弱が関わっています。子供に現れる形質に強く働く遺伝子を優性遺伝子、働きが現れない遺伝子を劣性遺伝子と言い、例えば母親のまぶたが二重で二重の遺伝子を持っていて、父親が一重で一重の遺伝子を持っている場合、子供はどちらのまぶたになるでしょうか。

遺伝子の働きの強いほうが現れてくるので、子供は二重まぶたになります。ここでのポイントは「優勢」と「劣勢」という言葉で、これは遺伝子が「優れている」、「劣っている」という意味ではなく、あくまで形質の現れやすさ、働きの強さであることは覚えておきましょう。
まぶたの遺伝子の優勢劣勢の他にも、例えば血液型にも優勢遺伝と劣勢遺伝がありA、B型は優勢遺伝子、O型はA、B型に対して劣勢ですし、目の色も黒が優勢、青が劣勢など様々に法則がありますね。

突然変異とは

親から子供に受け継がれる体の特徴、外見ですが、稀に「突然変異」が起こることがあります。身近な例で言うと、テレビのニュースなどで取り上げられる白い孔雀やキリンなど、他の固体と違った姿形に突然変化していますね。
突然変異が起こるのは1遺伝子当たり10万分の1~100万分の1の確率ととても低いです。原因としては遺伝子がコピーされるときのエラーや一部の化学物質や放射線の影響など原因は様々。
人や動物のの突然変異でよく聞かれるのが「アルビノ」と呼ばれる先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患があり、肌の色・髪の毛・目の色もすべてが真っ白になってしまう「先天性白皮症」です。人にも2万人に1人の割合で発現すると言われています。

バストは遺伝するもの?バスト以外に遺伝する身体の特長とは

遺伝について解説していきましたが、気になるのはバストの大小に遺伝は関わるのか?というところ。
母親の胸が小さいので自分も小さいという方は、母親から骨格や筋肉の形質を受け継いでいるということもあり、バストの大きい母親を持つ方と比べればベースの部分では違いはでてくることはあるでしょう。
また、バストに関わる遺伝の他の要素としては、身体的な特徴だけでなく体の中のホルモンバランスや性格などもあげられます。例えば太りにくい体質が遺伝すると胸が膨らみにくかったり、神経質な性格でストレスを溜めやすいと体の中のバランスも崩れてしまいバストアップにも影響がでてしまいます。

ただし、バストは努力次第で変われる可能性がある

体の大きさやバストを支える土台である「大胸筋」、また骨格などは遺伝で伝わることはありバストに影響することが分かりました。しかしながら、実はバストそのものの大きさは乳腺の発達や女性ホルモンの分泌にも大きく影響されます。バストの大きさそのものは実は遺伝が関わるのは実は30~40%程度、つまりは100%遺伝ではないということです。
残りの60%のバストの発達に関わること、それは生活習慣や食生活。子どものころは両親とともに生活し、家での習慣ができますね。その生活習慣や食べているものの影響でバストの発達を妨げている可能性があります。

バストの発達には女性ホルモンの分泌が不可欠です。日ごろ意識して食生活で女性ホルモンの分泌を助ける大豆製品などを摂取したりなどバランスの良い食事を心がけたり、また精神面でもストレスを溜めないことがバストアップに繋がっていきます。
「遺伝で胸が小さい」と言われることもありますが、100%ではありません。努力次第でバストアップはどうにかなる部分はありますのでまずは日ごろの生活から見直してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です